2017年4月19日 (水)

とんこつラーメン話3

こんにちは。

平成29年4月某日。この日私は人生を揺る
がすショッキングな出来事に遭遇しました。

私が一番大好きなラーメン屋さんが突如閉店
してしまったのです。
あれから二週間まだ落ち込みから脱却できず
どこのラーメン屋さんへも行っていません。

大好きだったラーメン屋さんは、

「博多 一幸舎」の経堂店舗です。

閉店を知る前の前の訪問の時には、

「スープ完食ありがとうございました!」と

元気良く送り出してくれたというのにね。

あのお店のいい所は、店員さんたちが気持ち
良く、こちらがヘンに気をつかわなくていい
ところ。
お味に関しては、もっと時間が経ってからい
ずれ書きます。
麺は恐らく世界一です、キッパリ。

私が「とんこつラーメン話」を書き始めた時
の構想としては、
平成8年、9年頃に私が初めてとんこつという
ものに出会ってから、この平成29年になるま
で考えて来たことや、ラーメンや、人生が
リンクする感じにしようと思っていたのです。

まだ3話なのに、この悲しいニュース。
この先、どこのラーメンを食べて生きて行け
ば良いのでしょうか。

2017年4月 5日 (水)

把握していることが大事

こんにちは。

毎年この時期はニガ手で不定愁訴と申します
か、それと同時に更年期のホットフラッシュ
でいきなり汗をかいたりしまして、着るもの
にも気を使います。

そんな中、街の衣料店でブラウスを物色して
いましたら、ダーのほうがダーの会社のOBの
人に話しかけられました。
婦人服のコーナーでw。

その方は私も知っています。ともかくダーは
人の顔と名前をちゃんと憶えているので、
辞めた人からも街中で声を沢山かけられます。
顔が広いとも言います。

普段から会社の人の話をよくするので、私も
名前を憶えてしまいますね。こういう二人の
場合、何かあった時に強いです。

世の中には、夫が外で具体的にどんな仕事を
しているのかも知らない妻もいるようです。
守秘義務のあるようなことはさておき、会社
の中の人間同士の話とか、夫のすぐ上の上司
の名前は何というのかとか知らずに生活する
というのは少し怖く思ってしまいます。

ダーの後輩には、給与明細をもらった途端に
破いて捨てる人がいるようですが、
そういうお家は夫婦完全別財布なんでしょう
かね。
毎月どれだけ控除されているのかの証拠も捨
ててしまう勇気なんて私にはありません。

2017年3月17日 (金)

働かないで暮らす12 再配達それぞれの事情

こんにちは。

宅配の不在率が23.5%だとかで、TVでも色々
論じられていました。
配達してくれる方のお手間を取らせないよう
にと心に誓ったものの、見事に「不在連絡票」
が入っていました。

その存在すら気にかけていないクレジット
カードの更新のようです。

そして配達時間をみたら午後の6時15分。
インターホンからとても離れた場所で夕ご飯
中でした。指定したわけでもないのに時刻が
遅すぎますね。
ウチは夕ご飯は早いのでTVを点けて談笑して
いるしまったく気付きません。
リビングにインターホンがあるのが普通だと
思われそうですが、
元々二世帯住宅で設計が少し変わっているの
でウチではそうではありません。
でもね、日中なら周囲の物音をとても気にし
ていますし変化に敏感です。

自分の言い訳はさておき、
再配達問題の一番大きな原因として考えられ
るのが、共稼ぎとかで日中どなたも居ない家
庭が多いからでしょうね。
例えばクレジットカードの更新なんて忘れた
時に突然届きますから、いつ何時に来るので
は? と待っている方なんて少ないでしょう。

実家通勤時代は何も文句も言わず、母が受け
取ってくれていたのです。今頃感謝しても
もう母はいません。
今や私自身が母のような立場ですから、いつ
でも受け取らなければならないのですが、
やっぱり夜は止めて欲しいです。

ご近所の共稼ぎのお宅への宅配便は必ず夜7
時頃に来ています。窓から車が見えるのです。
「昼間は居ないから夜7時に」と周知させて
いたとしたらたいした方ですが、
一日留守にしていたことを宣伝しているみ
たいで逆に怖いです。

利便性を優先すると、何かを失ったりします。
受け取れなかった人にはそれぞれの事情が
おありなのでしょう。

«昔で言う【限定解除】

PR

  • [PR]


無料ブログはココログ